「現実」
2013 / 05 / 15 ( Wed )
今日の題名「現実」。
これは、チェリー兄が月曜日に学校に出した、宿題の日記の題名です。

先週末。その現実は、
「チェリーが今日もフード食べないよ〜」なんて、
のんきに暮らしていた我家に、突然やってきました。
泣かずに書けるかな・・・がんばるぞ!


先週の金曜日。
金曜日の夕方は、いつもチェリー兄のサッカーの練習です。
その日も「練習前に、友達の家で少し遊んでからグラウンドに行くね。」と、
元気に出かけて行きました。

そして、夕方。あと15分で練習が始まるという時。
慌てて家に帰って来た二人の少年。
チェリー兄と、友達の大ちゃんです。
二人は、目も顔も汚れて、弱って動きも鈍くなった子猫を連れて帰って来たのです。

「ママ!この子が橋の上をヨロヨロ歩いていて、近くにいたおじさんが、
 この子弱っているから、エサをあげてと、僕たちに頼んだんだよ。
 この子、すごく弱っているし、助けてあげないと死んじゃうよ!」と。

さ〜、ど〜しよう・・・
川の側に住む者として、いつかこんな日が来るのかなとは思っていました。
でも、実際来てみると、何をしてよいのか分らない。。。
しかも、元気な猫ではなく、かなり弱った猫。
私も20年くらい実家で猫を飼っていたけれど、
ここまで汚れて、弱った猫をどうしてよいか分らない・・・

そしてひとまず、「二人がサッカーに行っている間に考えるから。」と、
興奮する少年達をサッカーに行かせ、
その段階では、段ボールに入れても自分で出てくる位元気はあったので、
急遽、チェリーのゲージに猫を入れました。
IMG_0996_convert_20130515135342.jpg

そしてその間に、警察に連絡すべきなのか・・・、
でも多分そうしたら、この子に待っているのは殺処分しかない・・・
だったら何が出来るの?とりあえず弱ったこの猫に何をすればいいの?
色々と考えても答えが出ず、とりあえずチェリーを育ててくれたP&Bママに連絡。
今すぐに出来る事を教えて頂きました。

「とりあえず、今その子には水分が必要。
 スポイトで水分と、もし出来ればドロドロにしたおかゆもあげてみて。
 シャンプーもして、キレイにしてあげるといいよ。」

アドバイスは本当に的確でした。
そして、その後の私たちの動き方なども色々とアドバイスして下さいました。

そのアドバイスに従って、取り急ぎ水分を飲ませ、
チェリーのシャンプーで、シャンプー。
子供達が「ミーア」と名付けた猫ちゃんは、人なつこく、シャンプーも全く嫌がらず、
本当にお利口に洗わせてくれました。
P1170027_convert_20130515135329.jpg
でも、全身にひどいノミがビッシリ・・・。しかも、ガリガリに痩せて・・・
野良猫として生きいく事の大変さを改めて目の当たりにしました。

それから、きれいに乾かし、サッカーから帰って来たチェリー兄と、
学校から帰って来たチェリー姉で、力を合わせておかゆを潰し、
ゆっくりと少しずつ、スポイトでドロドロにしたおかゆをミーアの口へ。
ZSfOcP6YL9PwfEA1368593248_1368593280_convert_20130515135155.png
口の中を見ると、ひどい虫歯。
噛むのも辛いようで、とりあえず流し込む感じであげました。

そして、さっきのさっきまで
「ご飯いらな〜い!フードなんてもう飽きた〜!」と、
わがままを言っていたチェリーさんも、みんなの様子に・・・ちょっと変だぞ!
BefVY4QgG9B62aC1368593390_1368593414_convert_20130515135124.png

そして、なんだか分らないけど、わがまま言っている場合じゃないなと、
珍しく空気を読んで(笑)久しぶりにフードをペロリ!
IMG_1010_convert_20130515135237.jpg

最初は興奮していたチェリーも、元気のないミーアを案じ、
大丈夫?
mQK3oHKGpLP7lGW1368593321_1368593332_convert_20130515135141.png
でも、ミーアはチェリーが寄ると「フ〜ッ!!」と威嚇。
その元気があれば、きっと元気になるね♪とみんなを安心させてくれました。

シャンプーして寒いからと、チェリー姉がずっと抱っこで温めてあげました。
P1170040_convert_20130515135249.jpg

そしてその後、ゲージに入れると、
体もキレイになって、お腹も少しいっぱいになったのか、
ぐ〜ぐ〜寝息を立てて、朝まで丸まって眠っていました。
IMG_1019_convert_20130515135303.jpg

今日はゲージをミーアに譲り、チェリーも初フリーで寝る事に。
どこで寝ても大丈夫なのに、なぜかミーアの側を離れません。
IMG_1016_convert_20130515135317.jpg

そして、土曜日の朝。昨日は少しは歩いていたミーア。
でも、今朝は丸まって眠ったまま。。。

そして、この日は丁度、チェリーのフィラリア検査で病院に行く予定だったので、
ミーアも一緒に診てもらう事にしました。
IMG_1020_convert_20130515135356.jpg
病院で呼ばれるのを待つチェリーさん。空気読み読み(笑)

そして、チェリーの番。
先生と「最近、全然ご飯を食べなくて〜↓」
「う〜ん。チェリーちゃんはとっても元気。それは単なる”わがまま”ですね〜♪」
なんて、和やかに診察してもらい、
フィラリアのホルマリン漬けなんかも見せてもらったりなんかして・・・

「では次。この子をお願いします。」と、ミーアを見せたその瞬間。
先生の顔色が変わり・・・「あ〜、この子から診てあげれば良かったね」・・・

そして、先生もバタバタし始め、体温をはかり、すぐに院長先生が診察室へ。

そして、ミーアを触り、しばらくしてからゆっくりと、

「この子は、子猫ではなく大人の猫ですね。
 ずっと栄養が不足していたから、あまり大きくなれなかったのでしょう。
 そして、全身にひどいノミ。腎臓もかなり腫れ上がり、かなり悪い状態。
 口内炎もひどいから、きっと物を食べる事もできなかったんだね。
 可哀想だけど、調べれば間違いなく病気のオンパレードです。。。」

そして、息子の気持ちを一番に考えながら、先生はゆっくりとお話下さいました。

「この子はね、多分もうあまり時間がないかもしれない。
 先生は、最期の時には、やっぱりその子がいつもいた場所にもどしてあげるのが、
 その子にとって一番幸せなんじゃないかなと思うんだ。
 どうしても手術して欲しいという事であれば、やれない事はないかもしれない。
 でも、今まで外で自由に生きてきた猫。そして、歩く体力ももうない状態で、
 今、人間がそういう事をするのは、あまりに可哀想な事だと思うよ。
 君にとって、これはとても辛い現実だけど、これも自然の摂理なんだ。
 だから、がんばって受け止めて欲しい。」と、
先生は、やりきれないチェリー兄に向かって、とても優しくお話して下さいました。

そしてその後、涙が止まらないチェリー兄は、一人車へ。
お会計を待つ間、先生が、
「この缶詰は、栄養もあるし柔らかいから、猫ちゃんに薄く水で伸ばして、
 与えてあげるといいよ。
 そして、段ボールにタオルを敷いて、エサと一緒に元の場所にもどしてあげて。
 そして明日見に行って、逃げていたら、きっとお家に帰れたんだねと言ってあげれば、
 子供の心もきっと救われるから。」と、
そんなアドバイスもして下さいました。

そして、
「川に動物を捨てると罰金を取られると書いてありますけど大丈夫でしょうか?」と、
肝の小さい私の愚問にも、先生は、
「その時は、動物病院の先生の指示でそうしていますと言って下さい。
 もし、何か質問があれば、私の所に電話をしてもらって結構ですよ。」と、
どうしてよいか分からない、不安な私たちの心に寄り添って下さって、
本当に救われた気持ちがしました。

そして、家に帰り、簡単に逃げ出せる高さの段ボールにタオルを敷き、
エサと水を添え、友達の大ちゃんと一緒に、雨の当たらない橋の下のもといた場所へ。

息子達は「もっと何かやってあげられたのでは?」「雨できっと寒いよね」と、
本当に辛そうで、何度も橋の下に見に行っては「まだ寝てた」と、
気が気でない様子でした。

そして夜が明け、日曜日の朝早く。
チェリーパパと兄と姉で、ミーアの様子を見に行き・・・
チェリー兄が、段ボールから一歩出た所で、眠る様に亡くなっているミーアを確認。

すぐさま、家からシャベルと、先生がくれた栄養たっぷりのフードと、
庭の花を持ち、ミーアをみんなで埋めてあげました。

本当に人なつこい可愛い猫でした。
そして、たった二日だったけれど、
我家に色々な事を教えてくれた出会いでした。

私たちが施した事が良かったのか・・・悪かったのか・・・
それはいまだに分らないけれど、P&Bママが言ってくれた
「最期の瞬間を幸せに迎えられたら、それはきっと幸せなんだと思うよ。」
その言葉を心の中に大事にしまって・・・。

ミーア、本当にありがとう。
天国で(チェリーのおばあちゃん家の猫の)シンバとナラに、
いっぱい遊んでもらってね。安らかに眠って下さい。

そして、今回の事で、動物を保護する事の大変さをつくづく痛感しました。
チェリーは「保護犬」とは言っても、
実際にチェリー達を保護し、健康な状態に育て、
里親を探して下さる方。
その方達のご苦労があったからこそ、
こうやって可愛いチェリー達と暮らせている今がある。

分かっている様で、分かっていなかった現実。
現実にはもっとひどい事もいっぱいあるけれど、
それを明るく楽しくワンコのために活動して下さっているハピポの皆さんに、
本当に感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございます。

いつもは、8兄弟お笑い担当(!?)のチェリーブログですが(笑)、
今日はちょっとしんみりと・・・可愛いミーアを偲んで、このブログをアップします。
賛否両論あると思いますが、こんな「現実」があったよと、
皆さんに知って頂けたら、幸いです。

スポンサーサイト
15 : 46 : 18 | Cherry | トラックバック(0) | コメント(14) | page top
<<そう。これも「現実」 | ホーム | 連休後半は〜 YeahYeahYeah♪>>
コメント
----

辛すぎる現実ですね。。。
人間が彼らに出来る事は沢山あるようで
ほんの少しなのかもしれません。
人を威嚇しなかったミーアはその一生のうちの多くの時間を人間と過ごした子かもしれないですね。どういう事情でノラ生活をしていたかわかりませんが…。最後はきっと、人と過ごした暖かい時間を思い出して夢に見て幸せだったと思います。
今出来ることを精一杯頑張ったチェリーファミリーを誇らしく思います。
by: リズママ * 2013/05/15 18:56 * URL [ 編集 ] | page top
----

本当に辛すぎて涙が止まらない…。
ごめんね…。上手く書けない。
だけど、こんな時こそコメントをしなければ…と、言う思いだけで書きました。
チェリーファミリー&大ちゃんありがとう。
ミーアの生きた証はきちんとブログで残ってるし、みんなが知っていますよ。
ミーア安らかにお眠り下さいm(__)m
by: 鉄mama * 2013/05/15 21:11 * URL [ 編集 ] | page top
--リズママ。--

そうですね。
もしかしたら、人と暮らした事のある猫だったのかもしれない・・・
もの凄く、人なつこかったから・・・。
元気になれば、里親とか地域猫とか、
色々と考えられたのに。本当に残念です。
でも、これもあの子の寿命だったのかな。
こうして皆さんに冥福を祈ってもらえれば、
ミーアもきっと嬉しいだろうと思います。
リズママ。ありがとう。
by: Cherry mama * 2013/05/15 21:29 * URL [ 編集 ] | page top
--鉄ママ。--

コメントありがとう!
その気持ちがとっても嬉しいです。

私も最初はものすごく慌てたけれど、
P&Bママの的確なアドバイスに助けられ、
そして、獣医の先生にも助けられ。
最期はみんなで見送ってあげられて。

土曜日の夕方見に行った時には、
段ボールの横に、別の人が置いた
お水とエサも置いてあったらしくてね。
そこを通った皆さんが、ミーアの命の時を知り、
見守り、祈ってくれたのかなと・・・

何が良かったのかは分らないけれど、
沢山の人間の愛に触れ、ミーアもきっと、
眠る様に天国に旅立てたのではないのかな〜。
そうだと良いな〜。と思います。

うちに来た時は、必死に出ない声でシャ〜シャ〜鳴いていたけど、
シャンプーして、ご飯を食べてからは、
すごく満足げに、ゆったり眠っている様に見えたんだよね。
きっと久しぶりに飢えとかゆみから少し解放されたのかな。

それは、こちらの思い過ごしかもしれないけど、
そうだと信じたいな。。。

こうして、ブログを通じて、
沢山の人が、野良としてがんばって生きたミーアの存在を知り、
天国でのミーアの安らかな日々を祈ってもらえたら、
それが何よりのミーアへの贈り物かなと思います。

ミーアがどういう経緯で野良になったかは分からないけど、
辛い運命を背負う動物が一日も早く減る事を祈りたいですね。
鉄ママ、本当にありがとう。
by: Cherry mama * 2013/05/15 21:43 * URL [ 編集 ] | page top
--ありがとう--

また、泣かせたなぁ~
by: パーシー&ビッケママ * 2013/05/15 23:34 * URL [ 編集 ] | page top
----

お兄ちゃん、えらかったね。
ミーア、きっと幸せだったと思うよ。
たった2日間だったけど、
チェリーのおうちの子になれたんだもん。
シャンプーもしてもらって、
ご飯ももらって、嬉しかったと思うよ。
その優しい気持ち大きくなっても
忘れないでね。
by: ビート&エイミー母 * 2013/05/16 07:26 * URL [ 編集 ] | page top
----

昨夜ブログを読んだ直後は何もコメントできなくて…ただただ涙を流しながら何度も読み返していました。
でも今日は落ち着いてコメントできます。

悲しすぎる現実でしたね。そしてその現実を受け止めているのが、まだまだ小さなチェリー兄と大ちゃんという事。この現実が辛すぎます。

2人は大丈夫ですか?早くに元気になって、
いつかミーアの事を素敵な思い出として語れる様になる事を祈ってます。

でもミーアは幸せな猫ちゃんですね。心優しいお兄ちゃん達に拾われて、それの気持ちをきちんと受け止めてくれるチェリーママ・パパ・姉の愛をいっぱいに受けて天国に行けたのですもの…。ミーアは天国ですごく喜んでいると思うわ!

チェリーママの頑張りに拍手をおくります!
by: まっちぼう * 2013/05/16 09:51 * URL [ 編集 ] | page top
--P&Bママへ--

本当にお世話になりました。
もしP&Bママに電話しなかったら、
何をすれば良いか、全く分からなかったです。
本当にありがとうございました。

そしてやはり・・・
明るく楽しくは、書けなかった〜(笑)
by: Cherry mama * 2013/05/16 17:13 * URL [ 編集 ] | page top
--ビート&エイミー母へ--

コメントありがとうございます。
ビート&エイミー母の優しい言葉、
そのままチェリー兄に伝えますね。

本当に動物から教わる事は多いですね。
チェリー達兄弟に出会えて、
毎日学ぶ事が多いですよね。
ビートとエイミーも元気ですか?
by: Cherry mama * 2013/05/16 17:19 * URL [ 編集 ] | page top
--まっちぼうさんへ--

心のこもったコメントありがとう。
チェリー兄は、川に戻した日の方が、
ミーアが苦しくないか、寒くはないか、
とても心配していたけれど、
安らかに天国へ旅立ったミーアを、
皆で見送ってあげてからは、
「もうミーアは苦しまないね」と、
少し安心したようでした。

だから、思ったよりも本人は引きずっていないみたい。
きっとミーアは、チェリー兄や大ちゃんの心の中で、
元気に生き続けると思います。
本当にありがとう。
またゆっくりミーアの話もしましょうね。
by: Cherry mama * 2013/05/16 17:28 * URL [ 編集 ] | page top
----

涙が止まらない・・・
言いたいことはたくさんあるのに、本当に何も言えないです。
でも、チェリー家族+大ちゃん。
ありがとう。
何故か、ありがとうって言葉しか出てきません。

ミーア、四十九日までは虹の橋からチェリー家に遊びに来るんじゃないかな~?
みんなにありがとうを言うために!!

クッキーにもミーアと遊ぶように言っておきます♪♪
by: こむぎ姉 * 2013/05/18 02:16 * URL [ 編集 ] | page top
----

はじめまして。時々よらせてもらっています。
今回のミーアちゃんの事はとても残念でしたね。
そしてチェリー家族にとってはとても大きくて良い経験だったと思います。
そして、獣医さんもとっても良い先生ですね。

人間の“かわいそう”という気持ちが新たな“かわいそう”を生む・・
猫にフードを与えている人がいて・・その猫が猫を産んだら・・死んでしまう猫がいて・・
そして野良ネコになってしまう猫が増える・・

“かわいい”から買って、“こんなはずでは・・”と捨てる・・

チェリー兄ちゃん&大ちゃんのような若い世代の人から意識を持ってくれる事が大きな希望につながるといいな~と思います。

ミーアちゃんは最後にキレイにしてもらって・・抱っこしてもらって・・ご飯を食べて・・ゆっくり眠って・・
きっと眠るように旅立ったと思います。
本当にお疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。
by: るい&こうき * 2013/05/19 08:01 * URL [ 編集 ] | page top
--こむぎ姉へ--

優しいコメント、本当にありがとう!
きっとクッキーも一緒に遊んでくれているね。
そう思うと、ミーアもきっと寂しくない。
皆さんの優しさが本当に心にしみます。
ありがとう。
by: Cherry mama * 2013/05/20 17:01 * URL [ 編集 ] | page top
--るい&こうきさんへ--

はじめまして♪
P&Bママのブログや、鉄心のブログでは、
いつもコメントを読ませて頂いて、
とても身近な存在に感じています。

るい&こうきさんのコメント。
本当に救われます。
ミーアが、少しでも幸せな最期の時を送れたなら。
そう思うと、本当に心が救われます。
温かいコメントを本当にありがとうございます。

これからも、ぜひちょくちょく
チェリーのブログにコメントして下さいね♪
これからもよろしくお願いします♪
by: Cherry mama * 2013/05/20 17:05 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cherry8abc.blog.fc2.com/tb.php/65-5753745f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |