明日という日
2014 / 07 / 23 ( Wed )
いや〜、ついに梅雨が明けてしまいましたね〜。
暑い夏がやってきます。

夏休みに入り、
子ども達の朝も 少しゆっくりになったので、
暑くなる前にと、チェリーはパパと一緒にご出勤☆
写真+1_convert_20140723181339
チェリー、がんばって稼いで来てね〜!笑

だけど今日のママ、ちょっと変。
写真+2_convert_20140723181350

パソコンの写真を見つめて、
なんだかちょっと寂しそう・・・
だからあたしは独りで、いちごアガ〜〜〜ン。笑
写真+3_convert_20140723181401

ママが寂しい訳、それは・・・

ほとんどチェリー一色の我家ですが、
この一角だけ、ネコ一色。
写真+1_convert_20140723181305

明日7月24日は、
20年間共に過ごした実家の愛ネコ、 
メスの”ナラ”(写真左) の命日なのです。
右にいるのが、
ナラが亡くなる一年前の8月6日に逝った、
オスの"シンバ”です。
写真+2_convert_20140723181317
上の写真の下に写っているのは、
ナラとシンバの前に飼っていた、
ペルシャ猫の"ペル”。
ペルは3歳で亡くなりました。

去年から、ブログにこの事を書きたかったのですが、
ナラとシンバの事を思い出すと、
まだ涙が止まらないという事と、
(今もまた泣いてるけど・・・クスン)
去年の今頃は、ママの頭の中は、
もうすぐ一才になるチェリーの事でいっぱい☆だったので、
今年のナラの命日には、必ず書こうと決めていました。
P1010440_convert_20140723181214.jpg
チェリーの大きさに慣れてしまった今、
この写真を見ると・・・
猫って、ちっちゃい!!笑


ナラとシンバは、野良猫でした。
チェリーママが18歳くらいの時に、
実家の庭に迷い込んできました。
F1004363_convert_20140723181120.jpg


動物があまり得意でない父。
花や動物を愛してやまない母。
生き物大好き〜♡な、兄と私と妹。

私たちが小さい頃から、
いやがる父をなんとか説得しては、
カメ → ふな → うさぎ → ねずみ → ペルシャ猫・・・
と、徐々にレベルをあげながら、
常に何かを飼っていました。

ペルを飼ったときも渋々だった父は、
「もう動物は、絶対飼わないぞ!!」と聞かなかったのですが、
そんな時、ナラとシンバが迷いこんで来ました。

父のいない昼間、
庭でエサをあげたり、牛乳を飲ませたり・・・

でも父がいる週末は、段ボールに入れて、
父にバレないように必死でした。
野良猫だというのにとても賢い二匹は、母が、
「パパがいる時は、ぜったいニャンって言っちゃだめよ」と言うと、
絶対にニャンとも言わず、
1週間くらい そんな感じで過ごしました。

でも、さすがにこれ以上隠せないねと、
母が「野良猫さんでも、この辺で子供を産まれると困るから、
去勢だけはしてあげなきゃね」と父を説得。
とりあえず、病院で去勢と避妊手術。

すると、シンバはともかく、
メスのナラは お腹を切るため、
病院から包帯グルグル巻きで帰って来て・・・

それからは、子供たちの、
「とりあえず、可哀想だから、
 包帯が取れるまで家に入れてあげよう!」の大合唱(笑)

父も、「包帯が取れるまで」なわけがない事くらい、
すぐに分かったいたと思います。
特に、「飼ってもいいぞ」と言う事もなく、
「包帯が取れるまで〜」から、20年(笑)、
ナラとシンバは、我が実家の癒しの存在になってくれました。

二匹ともシッポがクルン☆と丸まっていたので、
多分、兄妹だったのかな。
でも ほ〜んとに仲良しで、
いつも二匹でくっついてばかり。
F1000215.jpg

天然ボケタイプのシンバに、
甲斐甲斐しく尽くすナラ。
20080126124757.jpg

二匹でいる事が、一番自然な二匹でした。
F1000124_convert_20140723181031.jpg

そして二匹はすぐに、我が子たちの、
「よき心の友」になってくれました。
Unc7Ordz7ASPGOx1406105595_1406105625_convert_20140723180929.png

兄のやる事は、今も昔も変わらないね(笑)
5j6L6DjI3vAfWmD1406105286_1406105326_convert_20140723180840.png

姉とナラ。なんて癒される風景♡
UKTTnM9vr51uZzZ1406105503_1406105526_convert_20140723180912.png

机の下で眠っていれば・・・笑
F1000136.jpg

お誕生日には、素敵な折り紙のプレゼント☆
F1000135_convert_20140723181043.jpg

ナラには、素敵な冠を☆
F1000136_2_convert_20140723181054.jpg

勇敢なシンバには、勇者の剣を!笑
F1000137_convert_20140723181107.jpg

私たち兄妹もみな結婚し、家を出て、
そしてどういう訳か、みな「猫アレルギー」に・・泣
続いて、お婿さん、孫・・・までも・・・泣

だから、みんなで実家に集まったりすると、
30分くらいした頃から、一人 また一人と、
鼻ぐすぐす、目がかゆい、
喘息ひゅ〜ひゅ〜・・・と(泣)。
でもみんな、どうしてもナラとシンバに会いたくて、
薬を飲んで、マスクをして、どうにかして、
実家に行っていたものです(笑)

そんなみんなのアイドル”シンバ”が、
2011年8月6日天国へ。

シンバが逝った後、ナラだけが支えだった母。
綺麗好きで、可愛くて、
本当にみんなを癒してくれたナラ。
P1010436_convert_20140723181156.jpg

だけどやっぱり、寂しかったんだね。
P1010433_convert_20140723181138.jpg

シンバが逝った、
ちょうど一年後の2012年7月24日の朝。

亡くなる三日前から、パタリと食べる事をやめたナラ。
亡くなる前日は、私も子ども達を連れて実家へ行き、
夜中、ナラのそばで、ナラの様子を見守りました。

そしてその日、
我が子たちを連れて、新幹線で柏崎に行く予定だった母。
朝6時45分に、子ども達を連れて家を出ました。

もうナラは長くないと悟った母、
でも柏崎での用事もあり、
どうしても予定を変更できず、仕方なく、
「ナラ、今までありがとうね。ありがとうね。」と、
ナラの事は、留守番の私と父に託し、
子供たちを連れて、出かけていきました。

ナラは、20年間、私たちが家に帰れば、
必ず玄関でお迎えをしてくれて、
実家から帰る時には、
必ず玄関までお見送りをしてくれる猫でした。

なので、自分の身体が思うように動かせなくなった
最期の時でさえ、ヨタヨタと玄関から外へ出て行き、
母たちが角を曲がって見えなくなるまで、
それは気丈に見送りました。

そして、母たちの姿が見えなくなった途端、
ナラは激しく回り始め、けいれんし・・・

慌てた私は、激しく回るナラを必死に抑えつけながら、
大きな声で「おばあちゃ〜〜〜ん!!」と、
母を呼びました。
すると、その声を聞いた子供たちと一緒に、
母が慌てて戻ってきました。

そして、みんなでナラを家へ運び、
最期の時を看取ってあげる事ができました。
「ナラ、本当にありがとう!ありがとうね!!」と。

そして、すぐに兄妹たちに連絡。
その日の昼には、兄妹たちも集まり、
みんなでナラの棺を、お庭の花でいっぱいにして、
お別れを言い、見送ってあげる事ができました。

ナラを見送った後、母達はまた新幹線で柏崎へ。
それが、ナラの望んだ事だと思いました。

きっとナラは、自分がずっとやってきた、
「いってらっしゃい♪」とみんなを玄関で見送る仕事を、
最後までやりきって、逝きたかったんだろうな〜。
そして、最後は絶対、
一番大好きなおばあちゃんのお見送りをする!と、
決めていたんだろうな〜。
私は最期の時、ナラの傍にて、そう感じました。

本当に潔い、素晴らしい最後でした。
ナラは猫だけど、
人間の私もそんな風に清らかに生きたい!
そして、逝きたい!

そんなお手本になるような、
品格のある立派な猫でした。

そして、ナラが逝ってしまった、10日後・・・
我家から離れた川越で、チェリーと兄妹達8匹が、
この世に生を受け、元気に産声をあげました。

チェリーが猫っぽいのは、もしかしたら、
ナラの魂が、チェリーの中に入っているからかな?笑

ナラを亡くし、本当に元気がなかった母も、
今ではチェリーを、
それはそれは可愛がってくれています。

こうして繋がる命・・・
チェリーも、もうすぐ2歳です。

みんな、ありがとう。

そして明日は・・・
深大寺で見つけた、このナラとシンバのお皿に、
たっぷりのミルクを入れてあげようと思います。
写真+3_convert_20140723181328


スポンサーサイト
20 : 01 : 33 | Cherry 1歳 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<パパ発熱! | ホーム | 一人掛けから降りれまへん…>>
コメント
--巡る命達。。。--

とっても素敵な宝物達の思い出を書いてくれてありがとう(涙)
本当に命との出会いは奇跡だね。。。

仲良しナラとシンバが
リズとルークに重なって~
涙が止まらないよ~ん。

by: リズ&ルークママ * 2014/07/23 21:33 * URL [ 編集 ] | page top
--リズ&ルークママ♡--

早速のコメント、ありがとう!
ついに、ナラとシンバの事 書けました☆
ようやく私の中で、
ひとつの区切りもついた様な気がします。

いつも、チェリーの事を書きながら、
ブログには載ってないけど、
ナラとシンバもいますよ〜♪って思う自分もいたんだよね(笑)

前にも書いたけど、
リズママがルークを家族として迎えてくれた時、
わたし、ほんと〜〜〜〜に、嬉しかったの。
だって、シンバとナラと同じだったから☆

リズとルークのブログで、二匹がじゃれあったり、
くっついて寝ている姿を見る度に、
「あ〜、ナラとシンバもこうしてたな〜♡」って、
心がほっこりと温かくなるんだよね〜。

だからママの決断に、心からお礼を言いたいし、
これからも、
幸せいっぱいのリズとルークを沢山たっくさん、
見せてもらって、幸せいっぱいいただきますね♡

本当に命って、素晴らしいね!
ありがとう。
by: Cherry mama * 2014/07/23 22:44 * URL [ 編集 ] | page top
--(涙)--

ナラ、シンバ。素敵なお名前。
素敵な猫ちゃん達!!素敵な家族!!!
チェリー家、本当に素敵です。
生まれ変わって猫か犬になって、チェリー家に
入りたい( ;∀;)本当に。。。
うちも実家には一時期3匹猫がいました。
野良猫、捨て猫、全部私が拾いました(笑)
でも、どの子も外猫で、近所の老夫婦宅に別宅を
持つような猫だったり、返り血を浴びて帰るボスキャラだったり、暗闇で突如足に飛び付いてくる刺客だったり(笑)今では一番おっとりしたデブキャラ1匹だけですが、ものすごく私を嫌ってます!( ;∀;)
猫も性格が違って、色々ですよね!
ナラとシンバはすごーく大事にしてもらって、チェリー家をすごーく幸せにして、持ちつ持たれつ、素敵な関係でしたね!
チェリーが猫っぽいのは、きっと輪廻ですね!
素敵な巡り合わせです♡
by: ラビダンママ * 2014/07/24 00:37 * URL [ 編集 ] | page top
----

昨夜、寝る前にブログを読んだら
涙が溢れ全部を読みきる事が出来なかった。
それ位に、家族の愛情や色々な思いが
伝わってきました(涙)

2年続けて夏に愛猫を亡くし気持ちが滅入ってる時に夏生まれのチェリーちゃんとの出会い!
今まで悲しくて辛かった夏をチェリーが変えてくれたんだね!

昨年はチェリー1歳で盛り上がりながらも
チェリーママの心中は辛かったね(;_;)
それを思うとまた号泣…。
今日はきっとナラとシンバが
ミルクを飲みに来てるね!
たっ~ぷり入れてあげてね(^-^)


by: 鉄mama * 2014/07/24 19:21 * URL [ 編集 ] | page top
--ラビダンママ♡--

嬉しいコメントありがとう♡
ようやく皆さんに、
ナラとシンバの事を知っていただけて、
本当にスッキリしちゃったよ☆

ナラとシンバの名前の由来・・・
もう皆様、お分かりだと思いますが・・・笑
「ライオンキング」の主役のライオン「シンバ」と、
シンバの幼なじみで、奥さんになった「ナラ」。

トラ猫のシンバと、しっかり女房だけど、
シンバをこよなく愛するナラには、
ピッタリの名前だったなと思うんだ。

ナラ達が我家の猫になった時、
名前をどうする?と子ども達で大会議だったんだけど、
その前から母が「タロウと花子」って呼んでて・・・笑

早くしないと、タロウと花子になる所だったから、
もうみんなで慌てて決めたのを覚えてる。笑
丁度その頃、
ライオンキングが上映されていた頃だったので、
「シンバ」っていう猫ちゃん、
きっと多かっただろうね。

ラビダンママは、拾って来ちゃう人なのね(笑)
らしい、らしい♡
猫はそれぞれ個性が強いから、
縄張りもあるだろうし、
別々に飼うと、個性色々でおもしろいよね(笑)
幸いナラとシンバは、兄妹で夫婦だったから、
特に相性の問題もなく、産まれた時から、
二匹で支え合ってきていたんだろうね〜。

今は、おデブちゃんが残っているの?
ラビちゃんとダンちゃんと、猫ちゃんは仲良しかな?
本当に動物は可愛いよね〜♡
by: Cherry mama * 2014/07/25 17:07 * URL [ 編集 ] | page top
--鉄ママ♡--

温かいコメントありがとう♡
ようやくナラとシンバの事をお伝え出来て、
今は本当にほっとしています。

ナラが逝った後、
実家に行く度にまだナラがいるみたいで、
ついナラを探してしまう事が多かったの。
母も思い出すと泣いていて、
ナラの面影が、あっちにも、こっちにも。。。

そんな時、ブログでチェリーと出会って、
チェリーのハチャメチャと向き合っているうちに、
段々想い出ばかりにひたってばかりいられなくなって(笑)

動物の力って本当にすごいね。
心の奥まで癒してくれる。

チェリー達が生まれて来てくれて、
そして出会えた事は、本当に奇跡だよね☆
鉄心達のような、
素敵な飼い主さんとの出会いも運んでくれたし☆

本当に素晴らしい宝物たち、ありがと〜〜〜う♡

by: Cherry mama * 2014/07/25 17:25 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cherry8abc.blog.fc2.com/tb.php/140-06eb266a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |